top of page

Logic Pro 10.7.5の新機能 アルペジエーター

更新日:2022年12月21日

Logic Pro 10.7.5の新機能 part2

「アルペジエーター」分散和音を上から弾いたり下から弾いたりランダムに弾いたり・・・を自動でやってくれる機能。

今までは、アルペジエーターをMIDI FXに設定しても分散和音で表示されなかったのですが、


チャンネルストリップにある

①MIDI FXを長押し>「MIDIをこのトラックに録音」をチェック

②アルペジエーターを設定する。

順番は、逆でも設定可能。


そして、コードをリアルタイム入力することで個別のノートに分かれて表示してくれるようになります。

この機能により最後の1音だけオクターブにしたい等、より細かく設定できるようになりました。


よく、学生さんや生徒さんに、アルペジエーターのこの音だけメロとハモらせたいんです。とか質問受けた時には、

その機能は今の所ないので「手打ちだね〜!」→学生さんガビーン(^O^:)

となってましたが、その手間が省けるなんて素敵です♡









「MIDIをこのトラックに録音」

に設定できると、Arpの両端にオレンジ色のマークが出ます。





















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

設定方法と結果を動画にしました。


〜以下の動画で行った内容について〜

リージョン1/普通に和音をレコーディング

リージョン2/今までと同じアルペジエーターを使ったリアルタイムレコーディング

リージョン3/新機能のアルペジエーターを使ったリアルタイムレコーディング


ステップレコーディングも、そのうち分散和音で表示できるようになるといいですねぇ。